アメリカンガレージ
アリスガーデンでは、オーダーメイドのアメリカンスチールガレージの設計・施工をしています。

夢のガレージを手に入れてみませんか?

アメリカンスチールガレージの使い方
・普通にカーポートとして
・ホッとする隠れ家として
・お庭ライフのアクセントの小屋として
・事務所、店舗として

アリスガーデンのアメリカンガレージ

アメリカンガレージのエルカミ ロゴ

アリスガーデンはアメリカンガレージ供給ブランド Elcami(エルカミ)販売店です。
アリスガーデンが手掛けるアメリカンガレージは、全てElcami製となっています。
詳細は、展示場で実物をご覧ください!!

アメリカンスチールスパンイメージ

アメリカンスチールスパン 見出し

柱の無いドーム状の特徴的な構造で、ASPQ の4種類のモデルを持つ。その姿はハリウッド映画などでもおなじみで、アメリカの広大な地にそびえるこのガレージをイメージすることは難しくない。農業用や工場として、ボートまたはキャンプ備品の倉庫、乗用車やピックアップトラック、バンやハイブリッドのガレージとしてはもちろんのこと、ミリタリー、バスケットコートやスケートリンク、インドアベースボールグラウンドとしても利用されるというのだからそのスケール感は想像を絶する。

モデルQ 見出し

半円を描くアーチ型。クラシックミリタリースタイルで、インナースペースが最大なものの価格的には最もエコノミー。そして耐久性、施工性に優れるモデル。シェルターや農業用としてよく利用される。

モデルS 見出し

モデル Q と同じ円弧のアーチだが、サイドウォールにストレートパーツが入るため、充分な高さを持たせることができ、フロアーを有効活用できる。住宅用、商業用としても人気が高く応用が利く。店舗としてはその存在自体がコマーシャルになること間違いなし。

モデルP 見出し

アメリカンガレージオリジナリティあふれるモデル。天井部分にもストレートパーツが入り、中央が尖った印象を持つ。すべてのモデルの中でも都会的な印象があり、場所を選ばず住宅との相性も良い。国内外で最もポピュラーであるが、アーチ状のモデルSとは好みが分かれるところだ。

モデルA 見出し

モデル P のサイドウォールに傾斜を持たせた、かなり個性的なニュースタイルモデル。特に雪の多い地域にお勧めできる。40フィートのワイドにも対応し、奥行きに関してはNOリミット。大型ガレージや工場として理想的な形と言える。

アメリカンカーポート

アメリカンスチールカーポート 見出し

サイズ、カラーともにバリエーションが豊富であるため、カスタマイズ次第ではオリジナル感が存分に楽しめるガレージ。手ごろなサイズの物置にとして、ミニストレージユニットもそろう。スタンダードタイプはルーフとサイドウォールの接続部分が丸みを帯びたデザインで、すべてパネルで覆われたレギュラーなクローズガレージや、部分的なクローズド、またルーフのみのカーポートタイプを選択できる。 Aフレームルーフオプションでは、6インチ軒の張り出した、屋根の先端が尖った住宅スタイルとなる。既存の建造物となじみやすく、シャープでレトロな雰囲気だ。Aフレームには水平スタイル(horizontal style)と、雨や雪の残りにくい垂直スタイル(vertical style) がある。ルーフに合わせて、サイドウォールを強度の上がる縦張り(vertical wall)にすることも可能だ。

スタンダード 見出し

コーナーに支柱を持つ特徴的な鉄骨のフレーム構造を持ち、カラーバリエーション豊富なスチールルーフとトリムでマリカンナ雰囲気が楽しめる。内側の無骨な雰囲気も良いが、好みの内装を施すことで用途にも広がりが出る。

カーポート 見出し

いわゆる日本のカーポートと言われる屋根のみで側壁の無いタイプのオプションとなる。サイドに3フィートパネルを追加やフルクローズにもできる。ガレージ比べると、価格的にエコノミーであり、「ガレージまでは必要ないけど、みんなと同じカーポートではちょっと・・・」という方にお勧め。スタンダードはラウンドルーフだが、ガレージ同様A-flameルーフオプションにより雰囲気を変えられる。

カスタマイズ 見出し

一般的なのが storage+carport の組み合わせだ。カーポートには愛車を休ませストーリッジには自分ひとりの時間に浸る場所、もしくは気の合う仲間との語らいのスペースを作り上げることができる。2台用ガレージを半分はカーポートタイプに仕上げたり、思い描いた通りのガレージを存分に楽しんでいただきたい。

カスタムガレージ イメージ
カスタムガレージ 見出し

エクステリア、建築板金、ヤシの木販売のプロフェッショナルがタッグを組んだElcamiでは、オリジナルガレージをプランし、それにまつわるガーデンのトータルコーディネートをさせていただく。「ガレージとはこういうもの」という固定概念を覆し、ありとあらゆる使える素材をを用いてアイディアで勝負する。同じ「アメリカン好き」でも想い、好みはさまざまである。古き良き木造小屋、またはアーバンでスタイリッシュ。自分にしかわからない、言うなれば誰にも気づかれない、気づかれたくない究極のカスタマイズもある。どんな空間を造りたいのか、そこで何がしたいのか、お互いに理解を深めることで、互いの満足度が深まっていく。

アリスガーデンのヤシの木を使ったエクステリア現場をインスタグラムで発信中です!!